ハート

ボトックス注射とは

美容整形を行うことは、顔そのものを大きく変えることができる方法です。
美容整形と一口に言っても、実に多くの様々な方法が存在します。
顔を変えるというイメージよりも、コンプレックスとなる部分を修復して、より美しい状態にするといった認識の方が良いでしょう。
プチ整形などでもわかるように、人の顔は少し変えるだけでその印象が大きく変化します。
プチ整形は、細かな変化をもたらすことでその人の印象をより良くすることが出来ますから、体にそこまで負担がかかるということもありません。
だからこそ、世代を問わず多くの人に人気の方法なのです。

ここでご紹介しているエラボトックスは、どちらかといえばプチ整形に含まれるでしょう。
なぜなら、特に切開などの必要がなく手軽に短時間でその効果を実感することが出来るのです。
エラボトックスで使われるのは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌の成分が含まれているボトックス注射です。
このボトックス注射は、ボツリヌス菌を体内に注入するためのものであり、この成分が体内に入り働くことによって小顔効果を発揮します。

具体的には、ボツリヌス菌は体に無害ですが体内の筋肉にのみその効果を発揮します。
ボツリヌス菌は筋肉の働きを一定期間麻痺させることができ、これによって筋肉の収縮を計ることが出来るのです。
筋肉が収縮することによって、どのような効果を得ることが出来るかというと、エラを小さくすることができます。
ただ、これには条件があるためその条件に自分が当てはまっているかどうかを確認することが大切になるのです。

その条件とは、筋肉によって盛り上がっているエラであるということです。
エラ部分は、食事や歯ぎしりなどによって自然と筋肉がつきます。
この筋肉が必要以上に発達することによって、エラが張ってしまうのです。
口は、毎日のように動かしますからその筋肉が衰えることはなかなか衰えることはありません。
そのため、エラボトックスの効果によってその筋肉を強制的に収縮させるのです。
これにより、無理無くエラ部分の筋肉を小さくすることができ、シャープなフェイスラインを手に入れることができます。

もし、エラ部分の出っ張りが骨出会った場合は、エラボトックスは効果を発揮しません。
これは、切開をして骨を削るという別の方法を行わなければならないのです。
これらの判断は、施術を行う前のカウンセリングでしっかりと確認をして、その人にあった最適な方法でエラを小さくするので安心することができます。